古くて新しいベートーヴェン / ルネック土曜定期サロン Alt aber Neu Beethoven


[ HOME ] [ コンサートサロン ] [ ピアノカレッジ・ルネック ]  [ PFAのページ ]



2006年4月29日のプログラム

オールプーランクプログラム
<ピアノ>堀内久世
<チェロ>太田一也



新緑の山々から運ばれてくる風がとってもさわやかな4月29日、第37回ルネック土曜定期サロン「古くて新しいベートーヴェン」が行なわれました。19世紀初頭をウィーンで生きたベートーヴェンにとってフランスは近くて最も遠い国でした。その100年後、20世紀の初頭パリに何が起こったのか、この日の―オールプーランク・プログラム―から聴くことができるのでしょうか。
まず「チェロソナタ第一番1948」より第一楽章「アレグロ-テンポ・マルチア」…抜けるような青空には色鮮やかな観覧車、気球、アドバルーンが見え、目の前にはサーカスのピエロがサービス精神旺盛に走り回る、そんな愉快な遊園地のようなたのしげな一曲でした。次にピアノのための「三つの常道曲1918」…無窮動とも言いますが、何回でも繰り返すことができて終わりがない曲です。でも、ご安心ください、コーダへ進むと何時でも終わることができますから。明るく声高らかに歌う一曲目、メランコリックな二曲目、ちょっとはしゃいで踊りだすような三曲目と、斬新でありながらも形式を踏まえていてすっきりした作品です。
わいわいと楽しい交流の場としてのコーヒーブレークの後は、チェロソナタの第二楽章「カヴァティーナ」…心の奥底からこみ上げてくるようなメロディーと響きは第一楽章の軽妙なタッチとは正反対。重い、深い悲しみに沈む心からの叫びのように感じられました。最後の「セレナーデ」ではシチリアーヌのリズムで、どこか悲痛なおももちで踊る姿が目に浮かぶよう。このような非日常的なプーランクの世界が繰り広げられました。
次回は5月の第三土曜日20日-ピアノで踊る-と題してゲストは各地で活躍中の高田菜穂さん。
またまたとっても楽しみ…
                                 ルネックに住むピアノ≪ルル≫より
<戻る>




[ トップに戻る ] [ サロンご案内 ] [ ベートーヴェン年表T] [ ベートーヴェン年表U] [ リンク集 ]




Copyright (c) 2004 Piano Fivesteps Association. All Rights reserved.